専業主婦でも借りれるのは銀行カードローンです

女性
お金を借りるとなったとき、真っ先に思い浮かぶのが消費者金融です。
昔は消費者金融というと、サラ金などと呼ばれ、怖い取立てや高い金利などが目に付き、なかなか申し込むのにも勇気が必要でしたが、現代の消費者金融は企業コンプライアンスがしっかりしていますので、怖い取立てもありませんし、金利も低く抑えられているので使いやすいイメージに変わりました。
これは2010年に改正された貸金業法が大きく関わっています。

2010年に施行された改正貸金業法は、消費者金融が抱える大きな闇を改善する目的で施行されたのです。
まずは高い高いと言われ続けていた金利の改正です。

利息制限法は上限金利が20%に対して、消費者金融が適用していた出資法の上限利息は約29%でした。
この差をグレーゾーン金利と読んでいて、改正前は法律上問題なく高金利の貸付けをしていたのです。
しかし、出資法も上限金利と同じ20%まで引下げられたのです。

これにより、グレーゾーン金利もなくなり低い金利で利用ができるようになったのです。
それから、年収の三分の一以上の借入も禁止されました。
今までの消費者金融でしたら、年収を遥かに超える金額でも平気で貸していたのですが、年収の三分の一以上の貸付けを禁止することにより、強引な貸付けも規制されたのです。

このように、クリーンに生まれ変わった消費者金融ですから、ぜひとも利用したいと思われる方もいらっしゃるでしょうが、現在消費者金融では専業主婦の借入ができません。
外で仕事をしてお給料をもらっていない専業主婦の借入は、返済能力の点で不安があるという理由もありますが、改正貸金業法の中の総量規制で新たに夫の同意を得ることが必要と明記されたのが現在専業主婦が借入できない最大の理由です。

夫の同意を得るのは専業主婦にとって大変な作業になります。
なぜならばキャッシングのことを夫や身内に知られたくないという人がほとんどだからです。
夫の同意を得たことを証明する書類の提出は、申し込む側にとっても高いハードルになると考えた結果、専業主婦の借入自体をやめてしまった方が得だと考えた業者が増えたため、今は借りられないというようになっています。

しかしお金を借りるのは消費者金融だけではありません。
今専業主婦でも借入ができる銀行カードローンが人気を集めています。
銀行カードローンは銀行が運営をしているため、貸金業法とは関わりがありませんから、今でも専業主婦の借入が可能になっているのです。
お勧めの銀行カードローンがあります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」と新生銀行カードローンの「レイク」です。
二社とも、名前を聞けば誰でも知っているという大手銀行が運営をしています。
安心感もありますし、融資や返済も銀行のATMが利用できますので、銀行の用事のついでに手続きができるのも魅力的です。

他業者よりも低い金利設定になっていますので、使い勝手も抜群です。
お申し込みがまだの方はぜひバンクイックかレイクに申し込んでみてください。
専業主婦カードローンの利用も増えています。上手に利用してピンチを乗り切りたいですね。

人気サイト

■専業主婦でも借りられるカードローン申し込みS2※内緒借入専用

http://www.bernardrv.com

http://www.konstant-in.net/
内緒で借りる方法が分かります。
夫・友人・家族に内緒で利用したい専業主婦の方に人気のサイトです。